おすすめ本

【Webデザイン入門】独学でWebデザイナーを目指す人の勉強に役立つ本

こんにちは、
fuyuna(@fumm_ii)です。

「Webデザインを独学で勉強して“Webデザイナー”になりたい。でも何から始めればいいんだろう…。がんばりたいけど勉強方法がわからない。」

この記事はそんなあなたにオススメです。

これから独学でWebデザインを勉強しようと思っている人にオススメの本をご紹介します。

はじめに

記事を書いている私は、未経験・独学でWebデザインの基礎を学び、勉強開始から約2ヶ月でバナー・ロゴ制作の案件を獲得できました。

以下、初案件を獲得するまでに取り組んだこと。

  • デザインの基本ルールを学ぶ
  • Webデザインの全体像を知る
  • デザインツールの使い方を学ぶ
  • バナー模写でデザインの練習
  • 自分でバナーを作ってみる

今回の記事は、「デザインの基本ルールを学ぶ」「Webデザインの全体像を知る」「デザインツールの使い方を学ぶ」、それに加えて「HTML&CSSの基本を学ぶ」ところで役に立つ本をご紹介します。

はじめからHTMLやCSSを使ったWebサイトの案件を獲得するのは難しいですが、まずはしっかり基礎を固めていきましょう。

そもそも、なぜ本を使って学ぶ?

内容がしっかりまとめられている。
それが本を使って勉強する理由です。

インターネット上で得られる情報はたくさんありますが、「ありすぎて選べない」「何が本当かわからない」「何から手をつければいいのかわからない」のが現状。

もちろん、勉強の仕方は人によって好みがあるはずなので、オンラインで学べるProgateドットインストールUdemyなどを利用してもいいと思います。

モチベーションが保てない人には紙の本がオススメ

「やる気はあるけど、どうしてもモチベーションが落ちてしまう…」という方には、電子書籍より“紙の本”がオススメです

電子書籍のいいところは、場所をとらない、外出先でも読める、目的のページがすぐ見つかることです。でも裏を返せば「やろうと思った時しか見ない」「一部の内容しか見ない」ということ。

これに対し、紙の本を本棚に並べておけば無意識にタイトルが視界に入り、その時やる気がなくても「自分はこれに興味がある」「これを勉強したい」と潜在意識にすりこまれます。(脳のプライミング効果)

つまり、モチベーションが保てない人には積ん読でもいいから紙の本が合っているといえます。

まずはデザインの基本ルールを知る

デザインに大切なのは“センス”ではなく、“基本ルールをもとに情報を整理し、目的に合わせて伝えること”です。だから最初に「デザインの基本ルール」を学びます。

ここでは、私が愛用している2冊をご紹介します。

なるほどデザイン

「でもデザインのルールってむずかしそう…。」

そんなあなたにオススメなのが、目で見て楽しむデザインの本「なるほどデザイン」です。ビジュアルが豊富で、デザイン初心者さんも楽しく学べます。

デザイン入門教室

なるほどデザインよりも具体的にデザインのことが学べる本です。何回も読み直しましたが、本当にオススメの本です。

デザインの勉強を始めてもうすぐ1年が経過しますが、今でも手の届くところに置いて「この色はどんな印象を与える?」「男性らしいデザインにするにはどうすれば?」と参考にしています。

Webデザインの全体像を学ぶ

デザインの基本を学んだら、次はWebデザインについて学びます。

やみくもに勉強するよりも、Webデザインの全体像を把握し、道すじを立てて学んだ方が効率的です。

いちばんよくわかるWebデザインの基本

「いちばんよくわかるWebデザインの基本」は、Webデザインの仕事がどうやって進んでいくのか、今後どんなスキルが必要になってくるのかなど勉強になります。

Webデザイン良質見本帳

「Webデザイン良質見本帳」は、目的に合わせたWebサイトのデザインについて学べます。

「ナチュラルで優しいデザインにするには…トーンを控えたシンプルな配色、フォントは細め、手書き文字やイラストで装飾するとよい」など具体的に書かれていて、かなり役に立ちます。

HTML&CSSについて学ぶ

HTML&CSS

いよいよHTML&CSSを使った「コーディング」を学びます。

次の2冊は、実際にHTML&CSSを書きながら学べます。私は「HTML5&CSS3デザインブック」→「HTML&CSSとWebデザインが1冊できちんと身につく本」の順番で練習しました。

HTML5&CSS3デザインブック

「HTML5&CSS3デザインブック」は複数のバリエーションのレイアウトが学べて、レスポンシブデザイン(スマホでもデザインが崩れない)も学べます。コーディングの基礎がつめこまれたロングセラーのような本。

HTML&CSSとWebデザインが1冊できちんと身につく本

オシャレなWebサイトを作りながら学べる本です。できあがったサイトを自分好みに編集して、就職活動や営業に必須の「ポートフォリオ」として使うことも可能なので、こちらもオススメです。

デザインツールの使い方を学ぶ

デザインツール

デザイン・Webデザイン系の求人情報を見ればすぐわかると思いますが、採用条件に高い確率で記載されているのが「Photoshop」「Illustrator」です。

特に、Webデザインの業界で使えない人はいない「Photoshop」は確実に使えるようになりましょう。私も先にPhotoshopを学び、一通り使えるようになってからillustratorを使う練習をしました。

Photoshopしっかり入門

実際にPhotoshopを使いながら基礎を学べる本です。

入門書として「本当にPhotoshopを使うのがはじめて」という人に向いています。パネルやメニューの説明、基本操作などをわかりやすく学べます。

>> Photoshopの機能など:Adobe公式サイト

本書で学んだあとは、Photoshopを使いこなせるようバナー模写をしました。バナー模写の効果や方法は「デザイン未経験者の私がバナー模写を1ヶ月間やってみてわかったこと」でご紹介しています。

Illustratorしっかり入門

Photoshopを学んだあとは「Illustrator」の練習をしました。

WebのデザインにはPhotoshopを使うことが一般的ですが、Illustratorはロゴやアイコンなどを作るのに適しているため、使えるようにしておくと仕事や就活に役立ちます。

世界一わかりやすいIllustrator&Photoshop操作とデザインの教科書

PhotoshopとIllustratorの両方を少しずつ使えるようになりたい人にはこちらの一冊。デザインに必要な2大アプリケーションの使い方がバランスよく学べます。

まとめ

今回は、独学でWebデザインの勉強をしたい方にオススメの参考書をご紹介しました。

どれも実際に使ってみてよかったと思える本なので、「何から手をつけていいかわからない…」「Webデザインの本は種類がたくさんあって悩む」という方はぜひ参考にしてみてください!

ABOUT ME
fuyuna
理学療法士から独学でデザインを学んだデザイナー / 東京のデザイン会社勤務 / グラフィックとWebが中心 / 大人可愛いデザイン / 本とお出かけが好き