Webデザイン入門

【デザイン上達法】Illustrator初心者にオススメの本とバナー模写練習の進め方

こんにちは、
fuyuna(@fumm_ii)です。

この記事では、独学デザイナーが「Illustrator(イラストレーター)をどうやって勉強して使えるようになったか」をご紹介します。

「Illustratorを使えるようになりたい」
「グラフィックデザインに興味がある」
「ロゴや素材を自分で作りたい」

そんな方のお役に立てる記事です。

流れとしては「本を使って基礎を覚える」→「バナー模写をする」というかたちでIllustratorの使い方を覚えていきました。

本を使って基本を勉強する

デザインツールの基本的な使い方は、本を使って学びました。

Photoshopの勉強でも同じシリーズを使っていて、演習やショートカットキーなどがあって分かりやすいです。コラムもとても参考になります。

技術書は発売日が新しいものを選びます。デザインの基礎や歴史的なことを学びたい場合はロングセラーの本も読みますが、アプリケーションソフトはバージョンアップするため最新の情報が書かれた本を選ぶようにしています。

Illustratorでバナー模写をする

本で基礎を学んだ後は実践に近い練習をするため、「バナー模写」をします。過去問をやるような感覚で、たくさんの種類のバナーを模写します。

ただ、いきなり難易度が高いものを選ぶと時間もかかるし嫌になってしまう可能性があるので、模写するバナーのデザインは少しずつレベルアップしていきます。

難易度別で「見本にするバナーの選び方」も書いてみたので、よければ参考にして下さい。

見本にするバナーの選び方

見本にするバナーは「難易度別」でステップアップしていきます。

自分のステージに合ったものから練習すると、途中で難しくて逃げ出してしまうこともありません。

  • step1 文字がメインのバナー
  • step2 イラストが入ったバナー
  • step3 パターン等を使ったバナー
  • step4 写真+文字のバナー
  • できればIllustratorが使える先輩デザイナーに見てもらう

個人的に最後の「先輩デザイナーに見てもらう」というのがかなり効果的だと思います。

バナーの見本をどこで探せば良いかわからない方は、以下の記事に「バナーデザインのまとめサイト」を書いたので参考にしてみてください。

文字がメインのバナーを模写

最初は文字がメインのバナーを模写しました。レイアウトや文字組みの練習になります。アプリケーション自体に慣れるまでは、お手本をアートボードの横に置いて「できるだけそっくり」模写できるようにします。

慣れてきたら、自分なりに書体や字間などを変えてみたりして「文字の違いでデザインがどう変わるか」を研究してみるのも楽しいです。

実際に初めて練習したもの(恥ずかしい)

バナー模写練習

単純なイラスト入りバナーを模写

複雑なものだとめげちゃう可能性があるので、シンプルな星とか、リボンとか、マルとか簡単なものから徐々に複雑なものにトライしていきます。

パターン等を使ったバナーを模写

背景のパターンも簡単なものから。自分でパターンを作っても良いですし、素材をDLしても良いと思います。

最初のうちは、元からIllustratorのスウォッチに入っているものや、自分で作れそうな簡単な柄のものを選んでました。素材を探し始めるとまた時間がかかっちゃうので。

こちらは全部自分で作った初期の練習バナー。文字のアウトライン化、ペンツール、簡単なイラストの作り方など練習になりました。

fuyuna
fuyuna
あれ?梅の花のところ失敗してない?(笑)

写真+文字のバナーを模写

続いて練習したいのは、Photoshopで写真をレタッチしたり切り抜いたり、色味を調整したりしつつ、Illustratorでその他の加工をするといった練習です。

全てPhotoshopで完結しそうではありますが、あくまで練習のためIllustratorを積極的に使います。

Illustratorが使える先輩デザイナーに見てもらう

バナー模写はするだけで満足感がありますが、できたらデザイナーさんにチェックしてもらった方が良いです。

自分では気づかなかったところにフィードバックがもらえたりするので、圧倒的に成長するペースが変わります。独学ならなおさら、できる人に頼りましょう。

他にもツイッターでアウトプットしたり、オンラインコミュニティなどを活用するのも良いと思います。

fuyuna
fuyuna
私はTwitterでアウトプットをしつつ、「masacaデザイン部」というWebデザイナーのコミュニティにお世話になってました。

まとめ

今回は、Illustrator初心者のための勉強方法について書きました。

学習のポイントをまとめます。

  • 基本は本を使って勉強する
  • 実践練習はバナー模写から始める
  • バナー模写のハードルは低いところから
  • 模写でもアウトプットして意見をもらう

上記のポイントをふまえて勉強すれば、初めてのIllustratorでもレベルアップしていけるはずです。

一番最初は先が長く思えますが、ひとつひとつ、コツコツ練習していきましょう!

ABOUT ME
fuyu_na
独学でデザインを学びフリーランスのデザイナーになった元理学療法士。グラフィック・Webデザインの仕事を中心とし、SEO・Webライティングの腕も磨いてます。とにかくデザインに夢中。