Lifestyle

BenQ 最新モニターライト「ScreenBar Pro」使用感レビュー・導入するメリットなど💡

木製の机にMacデスクトップコンピューターとデュアルディスプレイが設置された作業スペース

「モニターライトって何のためにつけるの?」
「モニターが光ってるんだから必要ないでしょ?」

そう思っていた過去の自分に言いたい。

「モニターライト、めっちゃ快適だよ!!!」

2024年5月に発売されたBenQの最新モニターライト「ScreenBar Pro(スクリーンバー プロ)」を使ってみたら、作業環境がとても快適かつ便利で感動しました。

モニターライト初心者が2週間ほどiMacで使用した感想を紹介します👩‍💻

広く照らせて目にやさしい!BenQ WiT アイケアデスクライト 使用感レビュー
身軽さを求めたデザイナー・ブロガーのシンプルなデスク環境と使用道具【デスクツアー2023】

ScreenBar Pro 本体の外観

会社に届いたScreenBar Pro。デスクに置くとなかなかの大きさ。

デスクに置かれたモニターの前にある段ボール箱。表面に記載されているのは、BenQのロゴとScreenBar Proの文字。

奥にあるのはiMac・27インチです。今回このPCでモニターライトをお試しします。

箱を開けてみると、

モニターライト本体、ACアダプタ、説明書などが入っていました。ごちゃごちゃした付属品がない時点で好印象。

布のような白い紙をはがしてみます。

シルバーの本体が出てきました…!!(何色が届くかわかってなかった)

これまでモニターライトといえば黒のイメージでしたが、白好きにうれしい明るい色展開!iMacにも合いそうです。

パカッと開いてみると、モニターと接触する内側の部分にはゴムがついていました。初心者でも安心して設置できそうです。

ケーブルの端子はUSB-C。iMacに直接続できます。省スペースで設置できてうれしい。

ここからは、実際にScreenBar Proを使ってみた感想をお伝えします。

iMacに設置して使ってみた

モニターライト設置前、16時ごろのデスクはうっすら暗めです↓

設置後、同じ時間帯のデスク↓

キーボードまわりを中心に、デスク全体がふわっと明るくなりました!

モニターライトの幅より広い範囲を照らせていい感じ。明るさは中の下くらいで設定したので、もっと明るくできます。

手元を上から見ると、デスクの明るさがよくわかります↓

モニターライトを使うメリットは後半にまとめていますが、モニターと手元の明るさの差が減ることで、作業中の目のストレスが軽くなる実感がありました。

電源や明るさ・色温度などの操作は正面のタッチパネルで行います↓

メニューのアイコンがわかりやすく、説明書を読まなくても直感的に操作できました。

メニューは左から順に、

  1. 自動点灯・消灯機能
  2. 明るさ
  3. 色温度
  4. お気に入りモード
  5. 自動調光モード
  6. 電源

6つの操作が可能です。オレンジ・青の矢印は16段階の明るさ、8段階の色温度の調整ができます。自動点灯・消灯機能はこれまでにない新機能らしいです💡

↑座る瞬間を感知して自動点灯する機能。デスクから離れると自動で消灯してくれます。電源の操作が省けてめちゃくちゃ便利です。節電効果もありそう。

これに自動調光モードをあわせると最強です。

↑自動調光をONにすると、朝から晩まで、目にやさしい最適な明るさでデスクまわりを照らせます。

室内の明るさは時間や天気によってゆるやかに変化しますが、リアルタイム調光で操作の手間を省きながら、常に快適な作業環境を保てます。

外観の最後に、ScreenBar Proを横から見た様子です↓

モニター上部に設置したScreenBar Proを側面から見た写真

iMacの薄い本体上部にも、安定して設置できています。

サブモニターとして使っている「HUAWEI MateView」でも試したところ、問題なく使えました。いろんな形のモニターに取り付けられてすごい。

ScreenBar Proを使う3つのメリット

モニターライト・ScreenBar Proをはじめて使って実感した、3つのメリットを紹介します。

  1. 目の負担を軽減できる
  2. 手元での作業が快適・姿勢がよくなる
  3. デスクまわりの環境設定をおまかせできる

2つ目まではモニターライトそのもののメリット、3つ目はScreenBar Proを使うメリットです。以下、具体的に説明していきます。

目の負担を軽減できる

ScreenBar Pro 使用中のデスクを正面やや上から見た写真

モニターライトを使ってまず驚いたのは、目が疲れにくいことです。

モニターライトがあると、モニターとそのまわりの明るさの差が小さくなります。モニターだけが強く光る状態を回避し、デスクまわりの明るさを一定に保てるため、目の負担が軽くなります。

特に夕方、室内が絶妙に暗くなる時間帯の効果が抜群…!

作業に集中するあまり、「はっ!もうこんな時間!」と暗い部屋の中で気づき、あわてて照明をつけることはありませんか? わたしはあります👩‍💻

そんなとき、デスクまわりの明るさを常に一定で保てるモニターライトがあれば、同じ長時間の作業でも目の負担を軽減できます。

手元での作業が快適・姿勢がよくなる

2つ目に感動したことは、手元が明るくデスク上での読み書きが快適なことです。

モニターライトなしでは自分の影が手元に落ち、本やノートが見づらかったです。文字が見えづらいと、背中を丸めて近くで見ようとします。作業中の姿勢も悪くなります。

手元を確実に照らせるモニターライトは、デスクワークの快適さ、姿勢改善に役立ちます。

デスクまわりの環境設定をおまかせできる

さいごはScreenBar Pro特有のメリットです。

モニターライトとしての機能に満足するのはもちろんのこと、電源の操作や明るさの調整をおまかせできる、2つの自動機能が最高でした。

作業開始時・終了時の電源操作、周囲の明るさに合わせた調光、どちらもかんたんな操作ではありますが、毎日の繰り返し動作は省略できるに限ります。

特に調光は「ちょうどいい明るさ」を考えて設定しますが、数時間後には日が暮れるなど、ベストな明るさが変わってしまいます。せっかく設定しても、また調光する手間がかかります。

ScreenBar Proでは「自動調光モード」で前述の手間を省き、快適なデスクまわりの明るさ環境設定をおまかせできます。

ScreenBar Proに感じた課題・解決策

ScreenBar Proでひとつ残念に感じた点は、モニター上部に設置するタイプのウェブカメラが使えないこと。

モニター上部に設置されたウェブカメラ

ScreenBar Proを設置したあと、ウェブカメラ(Insta360 Link)の居場所がなくなりました。モニターライトの上に重ねられそうもない。困りました。

そこで、BenQさんのサイトを見てみると「Web カメラアクセサリー」を発見。ウェブカメラを置ける「土台」の商品がありました。

出展:BenQ Web カメラアクセサリー

マグネットの板でモニターライト上部に土台を固定できるから、ウェブカメラを置いても安定しそうです。

ScreenBar Proを使ってみて、唯一イマイチだと感じていたところは解消されそうです。カメラアクセサリーの導入も検討したいと思います。

まとめ:モニターライト導入して正解だった

BenQの最新モニターライト「ScreenBar Pro」の使用感、導入するメリット、課題と解決策をお伝えしました。

これまで「モニターライトは不要」と考えていましたが、使ってみて意見が180度かわりました。導入して正解です。モニターを使うすべてのデスクワーカーにおすすめしたい!

「黒しかない」と思っていた本体カラーも、ScreenBar Proはシルバー・黒の2色から選べます。黒いデバイスが多いなかで、明るい色の展開があるのはとてもうれしい。

会社のパソコンに設置したら、「いいですね」「買ってみようかな」と興味をってくれる人もいました。いまなら言えます。めっちゃいいですよ!!!

ということで、BenQ ScreenBar Proが気になった方は、ぜひ使ってみてください💡