Tool & Gadget

広く照らせて目にやさしい。カーブが特徴的な「WiT アイケアデスクライト」レビュー|PR

BenQのWiTアイケアデスクライトがあるデスクの写真

手もとを広く照らしてくれるのに、圧迫感や目へのストレスが気にならない「WiT アイケアデスクライト」をBenQ(ベンキュー)さんからいただきました。

インテリアになじむシンプルな照明を探していたところ、タイミングよくデスクライトのご紹介が。届いてすぐに設置すると、かわいい曲線と無彩色でモダンなデザインが気に入りました。調光機能や使用感も大満足だったので、それから1週間ほど使ってみた感想をレビューしていきます。

WiT アイケアデスクライトについて

BenQのWiTアイケアデスクライトがあるデスクの写真

まずはBenQ公式が発表している、WiTの特徴から見ていきましょう。

  • スマイルマークを連想させる形
  • 幅広い範囲を均一に照明(目にやさしい)
  • 無段階調光調色
  • 照度センサーによる自動調光モード

スマイルマークを連想するカーブにより、約90cmと幅広い範囲を照らしてくれます。光の強さは均一になるよう設計されており、長時間の使用でも目の負担が少なく、疲れにくいそうです。

照明において重要な、光の「色」と「明るさ」は、無段階で調整できます。また、センサーによってデスク上の明るさを感知し、自動で調光するモードも備わっています。

実際に使ってみて特に惹かれたポイントは、調光・調色の自由度とスマートな操作性でした。操作方法については、あとで写真といっしょに紹介します。

商品到着、想像以上の重量感

商品が届くと、想像以上の重さにびっくり。女性1人でも運べる重さですが、「デスクライトにしてはしっかりしてるな」という印象でした。公式情報によると、本体の重さは5.8kg、素材はアルミニウムです。

シンプルで特徴的な外観・照明

デスクに置いたときの全体像です。デスクの幅は120cm、奥行きが80cmとやや広めですが、ライトをつけるとすべての範囲を照らしてくれます。

照明を使わない日中の外観。台座から照明にかけての3つの関節部分は、曲げ伸ばしができて好きな角度で固定できます。細い支柱の中にはコードが隠れています。

質感はややザラっとマットな感触。しっかりした作りで高級感があり、使っていないときもかわいくて気に入りました。

同じ画角で夜、点灯時の外観。デスクライト以外の照明をすべて消した状態です。影の形も本体の形とおなじカーブを描いています。

デスクの上が幅広く均一に照らされている様子も伝わるでしょうか?中央の作業スペースはもちろん、端の方までやわらかい光が届きます。(端まで見えなくてすみません)

「こんなに広く明るく照らせるのに、光の強さやストレスを感じない」というのが、はじめて夜に使ったときの印象でした。目がチカチカしなくて感動。

台座は円形です。よくこの部分につけられがちなボタンもロゴもなく、すっきりしています。厚みは1cmぐらい。支柱のつけ根あたりからは、コードが逃げていきます。

ロゴはこの部分。凹状にさりげなく入っています。過度な主張がなくていいですね。

自由に調節できる、光の色と明るさ

電源のON/OFFは、リング状のところに触れるだけ。また、同じ部分を長押しすることで、自動調光モードの切り替えもできます。ボタンっぽくないデザインがとてもいい。

リングのとなりにあるダイヤルっぽい部分を回すと、光の色と明るさを調整できます。

わがやでは、早朝や夕方の作業中は昼白色、夜は電球色っぽくして使っています。デスク作業をしないときも、室内の照明と色をあわせて間接照明として使えます。

照らせる範囲も幅広いけど、使用用途も幅広くて便利です。

まとめ

BenQの幅広い範囲をやさしく照らし、目にもやさしい「WiT アイケアデスクライト」の紹介とレビューでした。独特の形はもちろん、機能もすべて気に入っているのでオススメです。

最後に、約1週間使ってみて特に気に入ったポイントをまとめます。

  • 幅広い範囲を均一にやさしく照らせる
  • 光の明るさと色を無段階で調整できる
  • しっかりした作りで安定性がある
  • マットな手触りと重量で高級感がある

逆にネガティブなポイントは?と聞かれると、「ない」というのが正直な感想です。

コードがもう少し目立たないと、なおうれしいかも…?という気持ちはなくもないですが、実際にバランスを見ないとわからないし、気に入らないと言うほどのものでもありません。見た目も機能も、かなり気に入っています。

価格は31,800円(税込)とややお高めかもですが、1週間使ってみた感じとしては、それぐらいの価値があるのではないかと思います。今回はご提供いただきましたが、店頭で見ても気になっていたと思います。

デスクライトの購入をお考えの方は、ぜひ候補としてWiTを検討してみてください。