LIFE STYLE

気軽に持ち歩けるカメラを購入|SONY RX100M4 レビュー

「スマホよりきれいな写真を撮りたい」
「外に出る楽しみを増やしたい」

そんな思いで2月末、カメラを買いました。

ソニーのCyber-shot(サイバーショット)シリーズのひとつ、RX100Ⅳというコンパクトなカメラです。いわゆるコンデジ。

この記事では、RX100Ⅳを買った理由などを書いていきます。

どんなカメラを購入した?

購入したのは、ソニーから発売されている「RX100IV(DSC-RX100M4)」というデジタルスチルカメラ。

カメラには詳しくないので、フォトグラファーの仕事をしている友人に相談し、自分でも機能や使い道などを検討して購入しました。

まずは本体の写真を紹介します。

本体の写真

全体的に黒くてシンプルなデザイン。
Zeiss(ツァイス)のレンズを採用しているので、表面右端にはロゴがあります。

ななめ上と真上から見た写真。
厚みは4cmぐらい。

ディスプレイ側もいたってシンプル。
写真では隠れてますが、ファインダーもついてます。

手の上に置くとこんな感じ。
まさに手のひらサイズのコンパクトさ。かわいい。

仕様

かんたんな仕様を紹介します。
詳しく知りたい方はSONYさんの公式サイトからご覧ください。

  • 1.0型裏面照射型CMOSセンサー搭載
  • 総画素数:2100万画素
  • ZEISSバリオ・ゾナーTレンズ
  • F値:F1.8 – 2.8
  • 4K動画・スーパースローモーション撮影可
  • サイズ:幅101.6 / 高さ58.1 / 奥行41 mm
  • 重さ:298g(バッテリー込み)
  • 2015年7月より販売開始

このあと詳しく書きますが、小さくて軽いのにキレイな写真・動画が撮れるところが特に気に入ってます。(素人っぽくてすみません)

つづいて、一眼レフやミラーレスではなく、なぜコンデジを選んだのかをお話します。

コンデジを選んだ理由

コンパクトデジタルカメラ、いわゆるコンデジを選んだ理由は「気軽に持ち歩きたかったから」に尽きます。ほぼこれがすべて。

その他、フォトグラファーの友人がいろいろ質問してくれたことで、「いまカメラに求めているもの」も少しずつわかってきました。

  • 日常的に持ち歩けるカメラがほしい
  • スマホよりはキレイな写真を撮りたい
  • ブログやSNSの写真をアップデートしたい
  • 現時点で写真沼にハマる気は…ない
  • 屋内でのブツ撮りは多くなりそう
  • 外出先で気軽に写真を撮りたい
  • 動画も撮りたいかも

一眼レフは基本重くて高価なので、日常的に持ち歩くのはむずかしそう。昔持ってたミラーレスも重かったので、選択肢から外れました。

そのほかの条件から見ても、いまはコンデジがちょうどいいと感じました。

フォトグラファーの友人も「サイバーショットがいいのでは?」とオススメしてくれて、そのシリーズを検討することにしました。

fuyuna
fuyuna
実際にいまはカバンにいれて通勤や外出をしてますが、全然重さを感じません!とてもいい!

RX100Ⅳを選んだ理由

Cyber-shotシリーズの中で「RX100Ⅳ」を選んだのは、いまカメラに求める条件をすべて満たしたうえで、予算的にもちょうどよかったからです。

RX100Ⅲとも迷いましたが、

  • ファインダー搭載モデル
  • 4K動画が撮れる
  • RX100Ⅲより速いらしい

という理由でRX100Ⅳにしました。

動画はフルHDでもよかったですが、少しの値段の違いで質が上がるなら、予算的にもちょうどいいⅣにしようと考えました。

↑同時に検討していた機種(RX100Ⅲ)

まとめ:買ったカメラいい感じです

最近買ったカメラ「SONY RX100Ⅳ(DSC-RX100M4)」の紹介でした。

小さくて持ち歩きやすいのにキレイに撮れるので、かなり満足の商品でした。

いい写真が撮れるカメラ、撮影シーンを選ばないカメラ、コンパクトなカメラなど、カメラの種類はたくさんありますが、大切なのは「自分に合ったカメラ」を選ぶことだと思います。

今回わたしは希望通りのカメラを手に入れられたので、相談にのってくれたフォトグラファーの友人に感謝です。ありがとう!

ABOUT ME
fuyuna
都内のデザイン会社に勤務するデザイナー|ウェブデザイン・モーションデザイン・グラフィックデザイン|元理学療法士|デザイン・アート・インテリア・お出かけ好き
【改訂版】独学×デザインの本を発売
独学の流れとデザインの独学方法についての薄い本を作りました。
2021年2月27日より、改訂版の紙の本を発売しています。

本の販売ページはコチラ