デザイン

無料のWebポートフォリオサービス「RESUME」を使ってみました

ポートフォリオ「RESUME」

こんにちは!
fuyu_na(@fumm_ii)です。

デザイナーの転職に必須とも言える「ポートフォリオ」

転職して会社に属す道を選ばなくても、フリーランスとして仕事をするなら「制作実績」としてお客様に見せられる物があると仕事に繋がりやすいはず。

今回は、『RESUME』というWebポートフォリオ作成サービスを使ってみたので、その感想などを書きたいと思います。

RESUMEとは?

RESUMEとは、サルワカ(サルでもわかる図解説明マガジン)で有名なCatNoseさんが作ったWebポートフォリオ作成サービスです。

RESUMEは、誰でも直感的に使えるWebポートフォリオ作成サービスです。
制作物や仕事のストーリーを記録して、ポートフォリオを育てていきましょう。

引用元:RESUME

誰でも無料で簡単に始めることができます。
ということで、さっそく私も作ってみました。

fuyu_naのRESUME

RESUMEを使ってできること

RESUMEでは次のようなことができます。

  • 自分のスキルや経歴をまとめられる
  • 過去の制作物をまとめられる
  • 特定のworksに鍵をつけることができる
  • 各種SNSと連携できる
  • クリエイターさんと繋がれる

以下、無料とは思えない素晴らしい機能と見た目を備えたRESUMEについて、各項目にわけて書いていきます。

自分のスキルや経歴をまとめられる

「Skills」のページでは、自分が何をどのぐらいのレベルでできるのかを分かりやすくビジュアルで示すことができます。ただし自分の能力レベルに関しては主観になるので、自己評価の違いによっては差が出そうです。(わたしは自分に甘い人間です。笑)

経歴もざっくりと時系列で並ぶので分かりやすいです。

SNSやブログなど、自分のコンテンツへのリンクも大きく表示されるので、クリエイターの一つのプラットフォームにもなりそうです。

「Skills」の部分は現在の自分と向き合うきっかけになったり、これから何を頑張らないといけないかを考える材料にもなると思うので、少し時間がある時に書くと良いかもしれません。

また、定期的に見直すことで自分の成長を感じることもできそうです。早く自信を持って「プロフェッショナル」レベルだって書けるように頑張りたい…!

過去の制作物をまとめられる

「Works」のページではプロジェクトに分けて制作物をまとめることができます。各案件ごとに分けても良いですし、バナーだけのフォルダを作っても良いと思います。

私はまだ実務的な経験が少なく、クライアントごとにフォルダを作るとスカスカになってしまうので、とりあえず複数の制作を担当したクライアント様のお仕事に関しては個別フォルダを作り、他は「バナー」などでまとめることにしました。

特定のworksに鍵をつけることができる

RESUMEに惹かれた大きな理由の一つが、この「鍵付き」コンテンツが作れることでした。

クリエイターさんの多くは経験があると思うのですが、どれだけクリエイティブな制作をしても「外に見せられないコンテンツ」というものがあります。私にもそういうものがあるので、プライベートなコンテンツをまとめる場所ができるというのは大変ありがたいです。

また、特定の人とコンテンツを共有したいときは「合言葉」を入力すれば中が見られる仕組みになっています。

各種SNSと連携できる

自分のSNSを登録しておくと、コンテンツを更新した時などにシェアしやすい仕組みになっています。例えば編集が終了した時はこんな画面が出てきて、すぐにフォロワーさんに紹介することができます。

クリエイターさんと繋がれる

最終的に「RESUMEに登録しよう!」と思う決め手になったのが、RESUMEを使っているクリエイターさんと繋がることができると思ったからでした。

RESUMEのトップページに行くと【Popular Works】という項目があり、他の方が投稿した「Works」が見られるようになっています。そこから様々なクリエイターさんの作品に出会うことができ、とても刺激を受けました!

今後もしかしたら私の制作物を見てくれた方とも新しい繋がりが出来るんじゃないか…という淡い期待を込めて、RESUMEを始める決意をしました。

おわりに

今回は、「RESUME」という無料のWebポートフォリオサービスをご紹介しつつ、実際に使ってみた感想や気に入ったところなどを書いてみました。

以前までは「WebデザイナーなんだからWebポートフォリオはHTMLやCSSを使って自分で一から作った方が良い」と思ってましたが、最近はポートフォリオにおいて最優先すべきことは「見てくれる人に伝わりやすいこと」だと思うので、何が何でも一から作る必要もないんじゃないかなと考えるようになりました。

また独学でWebデザイナーを目指す人が全て一から作ろうと思うと時間がかかるし、何か他に作ったものがあるならそれを長い間公開できずにいるというのも勿体無い気がするので、まずはこういったサービスを利用しつつ、別でじっくりとHTML&CSSなどを使ったポートフォリオを作るという作戦でも良いんじゃないかなと思いました。

RESUMEが気になった方は、オススメなのでぜひ利用してみて下さい!

おまけ:ポートフォリオに関する気になる本

instagram(ポートフォリオ)
Instagramをポートフォリオとして運用し始めましたこんにちは! fuyu_na(@fumm_ii)です。 デザインの勉強を始めて半年が経ちました。 あっという間でビックリ。 ...
ABOUT ME
fuyuna
理学療法士から独学でデザインを学んだデザイナー / 東京のデザイン会社勤務 / グラフィックとWebが中心 / 大人可愛いデザイン / 本とお出かけが好き