デザイン

【Twitter】プロフィール画像・ヘッダー画像の役割と推奨サイズ

デザイナーのfuyuna(@fuyuna_design)です。

Twitterのプロフィール画像やヘッダー画像は、その人の印象・イメージに大きく影響します。

与えたいイメージに合わせて画像を変えたり、統一したりすることで、自分のブランドイメージを固めていくこともできます。

そこで今回は、Twitterのプロフィール画像とヘッダー画像の推奨サイズについて解説します。

プロフィール・ヘッダー画像の役割

ツイッターのプロフィール画面で一番最初に目に入るのが、プロフィール画像とヘッダー画像です。

それぞれには次のような役割があります。

  • 第一印象を決める
  • 自分はこういうだ人と印象づける
  • ブランドイメージに影響する
  • オリジナル画像なら人と差別化できる

例えばTwitterで仕事を獲得したり、認知度を高めたりしたいと思っている方は、適正なサイズ・デザインでヘッダーとプロフィール画像を設定すると効果的です。

実際のプロフィール表示画面

まずは実際の表示画面を確認。

左側の丸い画像が「プロフィール画像」
背景の横に長い画像が「ヘッダー画像」

デザインに関しては全体のトンマナに統一感を持たせ、大人可愛いデザインが得意なこと、自作ロゴや肩書きを添えて「できること」が伝わりやすい仕様になっています。

プロフィール画像の推奨サイズ

プロフィール画像の推奨サイズは以下です。

  • 横幅:400px
  • 高さ:400px
  • 容量:2MB

画像サイズは400×400pxですが、実際は見本のように丸くカットされてしまうので、中見せたい要素を中心に配置した画像を使用しましょう。

ヘッダー画像の推奨サイズ

ヘッダー画像の推奨サイズは以下です。

  • 横幅:1,500px
  • 高さ:500px
  • 容量:2MB程度

ただし、パソコンやスマホなど使用端末によって画像が切れてしまったり、アイコンが重なって見えない部分ができたりするので要注意です。

ヘッダーは推奨サイズでも見切れる範囲がある

推奨サイズを守っていても、ヘッダーには使用端末の違いやプロフィール画像の重なりによって見えなくなる範囲があります。

また、右側にはプロフィール画像がヘッダーの上に重なってくるので、確実に見せたい要素の位置を考えて配置しましょう。

  • 確実な表示範囲:1,500 × 380 px
  • 上下左右は60pxずつ見切れる可能性あり
  • 右側にはアイコンが重なる
  • プロフィール画像の位置も端末によって左右に移動

ヘッダー画像の制作では「確実に見せられる範囲を想定」してレイアウトなどを考慮する必要があります。

まとめ

今回は、Twitterのプロフィール画像とヘッダー画像のサイズを解説しました。

いずれも頻繁に人の目に触れる部分であり、自分の印象を左右する大切なものなので、サイズを考慮してオリジナルの画像を作ることをオススメします。

「自分で作るのが難しそう」という場合は、お問い合わせフォームから制作のご依頼を承っておりますので、まずはご相談ください。

▼この記事の参考資料
ABOUT ME
fuyuna
理学療法士から独学でデザイナーに転職 / 東京 / デザイン会社勤務 / グラフィックとWebが中心 / 大人可愛いデザイン / 本と人とお出かけ好き
独学×デザインの本を発売中!
「独学の流れ」と「デザインの独学方法」について
まとめた薄い本を作りました!現在販売中です!

本の販売ページはコチラ