Lifestyle

もうカギなくさない!Ankerの紛失防止タグ「SmartTrack Link」使用感レビュー

先日、家の鍵をなくしました🥲

どこを探しても見つからず、管理会社も営業時間外。しぶしぶ業者さんに連絡し、びっくりするほど高いお金を払って解錠してもらいました。

もうこんな思いはしたくない。ということで、紛失防止タグを買ってみました。

この記事では、Ankerの紛失防止タグ「Eufy Security SmartTrack Link」の使用感をレビューします。

SmartTrackの外観

まずはSmartTrack(スマートトラック)の外観から見ていきましょう。

本体は正方形で、500円玉より少し大きめのサイズです。素材はプラスチック。うっすらと「eufy SECURITY」の文字が見えます。

厚さは0.65mm、特にぶ厚さは感じません。
すべての角が丸く、ほどよく手になじみます。

片面にはQRコードが印刷されています。
読み取ると連絡先を表示できるため、もし落としても、ひろった人から連絡をもらえる可能性があります。これは便利!

日常生活に取り入れたときの見え方は、こんな感じです👆

見る角度によってはロゴが見えず、シンプルな黒一色です。色展開がなくて少し残念ですが、かばんやポケットに入れておくぶんには良いでしょう。

保証期間は最大24ヶ月です。
製品サポートの面でも2年間の安心を手に入れました✌️

初期設定はアプリで数分

SmartTrackの初期設定には「eufy Security」アプリを使いました。

アプリの指示通りに初期設定を進めていくと、SmartTrack(カギ)がある場所、電池残量などを確認できるようになりました。

👆プライバシー保護のためぼかしていますが、画面上部に地図が表示されています。

公式アプリの設定だけでも使えますが、カギの持ち忘れやアプリの不具合に備えてiPhoneの「探す」アプリも設定しました🔍

カギにつけて生活してみた

キーホルダー感覚でSmartTrackをカギにつけて生活してみました。

手のひらにスッポリおさまるコンパクトさがいい感じ🔑

まず日常生活で変わったのは、家やカバンのなかでカギを見つけやすいこと。本体の機能とは無関係ですが、思わぬ便利さがありました。

また、カギを持たずに移動すると「Eufyが手元から離れました」と通知が届きます。

SmartTrackといつ、どこで離れたかを具体的に知れるため、自宅や外出先でのカギの持ち忘れを防げます。これはiPhoneの「探す」アプリの機能です。

通知をはじめて見たときは「本当にカギをなくさずにすむ」という実感と、大きな安心感がありました。感動とともに、買ってよかったと思いました。

SmartTrack導入後はカギをなくすことなく、安心・快適な毎日を送っています🏠

なぜAirTagを選ばなかったのか?

紛失防止タグといえばAppleのAirTag(エアタグ)が有名ですが、なぜエアタグを選ばなかったのか?その理由は2つあります。

  1. 価格のわりに好みじゃなかったから
  2. 王道以外のものを試したかった

エアタグは本体+キーリングで1万円近くしますが、それほど見た目が好きじゃありませんでした。どうせ似た機能なら、半額以下で買えるSmartTrackで十分です。

また、王道と呼ばれる一般的なものより、掘り出しものを見つけたいという気持ちもありました。Anker製品への信頼もあり、お試し感覚でSmartTrackを買ってみました。

まとめ:カギをなくす不安から解放された

家のカギをなくしたことがきっかけで購入した「Eufy Security SmartTrack Link」紛失防止タグの紹介でした。

SmartTrackの主な機能は次の3つです。

  1. アプリで位置を確認できる
  2. 鍵の持ち忘れを防げる
  3. 音を鳴らして探せる

SmartTrackが手元から離れるとスマホに通知が届き、どこにあるか、いつからそこにあるかを確認できます。

カギをなくしてから毎日「またなくすかもしれない」「カギ、どこに置いたっけ?」と不安にかられていましたが、SmartTrack導入後は安心感を得られました。

なくしものが多い人、カギをなくして困った経験がある人に特にオススメです。気になった方はぜひ使ってみてください!