制作ツール

仕事に必須のMacBookPro15インチとお気に入りの周辺アクセサリーをご紹介

作業環境のご紹介

こんにちは。
fuyuna(@fumm_ii)です。

「パソコンは何を使っていますか? 」
「MacBookを13インチ・15インチどちらにするか悩んでいます」

上記のような質問をいただくことがあるので、今回は「私が使っているパソコンと、その周辺アクセサリー」をご紹介します。

fuyuna
fuyuna
もともとパソコンや周辺機器について詳しい人間ではなかったので、オンラインで知り合った方々に意見をもらいながら揃えました!

私が愛用しているMacBook Pro15インチについて

MacBook Pro 15インチ
愛用しているMacBook Pro 15インチ

まず、私が使用しているパソコンは MacBook Pro 15インチ です。

2018年に発売され、2019年4月に購入しました。

スペックの詳細を以下にまとめます。

CPU第8世代の2.2GHz Intel Core i7
GPURadeon Pro 555X Intel HD Graphics 630
メモリ32GB
ストレージ512GB SSD
ディスプレイ15.4インチ(2880 x 1800)
カラーシルバー
キーボードUS

今年の4月まで MacBook Pro 13インチ 16GB を使っていましたが、画像の多いグラフィックのお仕事や、複数アプリケーションを開いて作業する時にかなり重かったので新調しました。

fuyuna
fuyuna
このPC1台でデザインのお仕事やコーディング、動画制作、ブログの管理などをするため、多少お金がかかってもスペックが高いものを選ぼうと思いました。

パソコンを買うときに悩んだこと

日々の作業効率向上を目指してパソコンを新調すると決めたわけですが、新しいパソコンを選ぶ時に悩んだことは以下でした。

  1. ノートにするか、デスクトップにするか(MacBookPro/iMac)
  2. 13インチにするか、15インチにするか

これまでMacBookProを使用していたため、MACにすることは最初から決まっていました。

また、デザイン業界ではMACを使う人・会社が多いと聞くので、それも含めてわざわざWindowsに乗り換える理由もないと思いました。

iMACではなくMacBook Proを選んだ理由

パソコンを新調するにあたって最初に悩んだことは、デスクトップ型にするか、ノート型にするかでした。

ここで判断基準にしたのは、PCをどこで使うかということ。

  • 基本は自宅で作業する
  • カフェや図書館でも作業する
  • お客様との打ち合わせにPCを持参する
  • オフ会やもくもく会などによく参加する

自分がパソコンを使う場面を想像すると、基本は自宅ですが外での利用も多い印象だったので、ノート型のMacBookProを選択しました。

「自宅で作業する」と決めている方は、ディスプレイの大きさや基本スペックが高いデスクトップの方が良いかもしれません。

13インチではなく15インチを選んだ理由

MacBook Pro 15インチ / 13インチ

続いて悩んだのは、MacBook Proの大きさを13インチにするか、15インチにするか

持ち運びがしやすい13インチも魅力的だけど、スペックの高さを優先するなら15インチを選びたいところ。この13インチ・15インチ問題は誰もが悩むところではないでしょうか。

そこで、MacBook Pro 13インチと15インチの違いを「サイズ・重量」と「性能」にわけて比較してみました。

13インチと15インチの比較【サイズ・重量】

まず、サイズと重量を比較すると、15インチの方が6mm厚く、縦横幅は約3〜4cmの差があります。重さはペットボトル1本分ぐらい違います。

MacBook Pro 13インチMacBook Pro 15インチ
薄さ1.49cm1.55cm
サイズ30.41 x 21.24cm34.93 x 24.07cm
重量1.37kg1.83kg

13インチと15インチの比較【性能】

13インチはカスタマイズありきの想定で、15インチはカスタマイズなしの想定、つまり15インチに関してはオプションによってはさらなる性能アップが見込めます。

MacBook Pro 13インチMacBook Pro 15インチ
CPU【カスタマイズありの想定】
・1.7GHzクアッドコアIntel Core i7
・2.8GHzクアッドコアIntel Core i7
【カスタマイズなしの想定】
・2.6GHz 6コアIntel Core i7
・2.3GHz 8コアIntel Core i9
メモリ16GB16GB ※32GBに変更可
ストレージ512GB〜2TB SSD256GB SSD 〜 512GB SSD

比較した結果「15インチ」に決めました

本体のサイズや持ち運びのことを考えると13インチに軍配が上がりそうでしたが、今回パソコンを買う目的は「スペックの向上」だったので、より性能が高い15インチを選びました。

15インチを選んだ具体的な理由としては、13インチだとメモリが最大で16GBですが、15インチなら32GBが選べるという点が決め手でした。

fuyuna
fuyuna
複数のアプリケーションを同時に使用するとメモリ残量があっというまに減ってしまうので、32GBが理想でした。

MacBookPro 15インチを4ヶ月使ってみた感想

実際にMacBookPro 15インチを4ヶ月間使ってみた感想ですが、控えめに言って大変満足しています。少し高かったけど全然後悔してません。

使用感をざっくり箇条書きにするとこんな感じです。

  • 大きさは基本的に問題なし
  • 新幹線や電車の中では大きさが目立つ
  • 屋外の持ち運びやカフェでの作業も可能
  • ディスプレイが大きくて作業しやすい
  • サクサク動く・フリーズしない
  • Touch Barは不要と思っていたけど問題なし
  • トラックパッドが大きい

購入前は、屋外での作業時にこれまで使っていた13インチのMacBook Proを使うことも考えていましたが、今は少し重くても32GBのサクサク動くPCを持ち歩いています。

パソコン周辺アクセサリーのご紹介

続いて、普段作業に使っているアイテムと、MacBook Proと合わせて購入した周辺アクセサリーをご紹介していきます。

愛用マウスはロジクールM558

Logicoolマウス「M558」

私の愛用マウスは、Logicool(ロジクール)の「M558」です。

Bluetoothで簡単に接続でき、ボタンやホイールの設定を自分用にカスタマイズできるところなどが気に入っています。

単三電池を2本入れて使うマウスですが、実際は単三電池1本でも動くので、私は軽量化のために1本にして使っています。

fuyuna
fuyuna
日頃から仲良くしていただいているWebデザイナーのGitaさん(@gita_mw)のマネをして買ったので、Gitaモデルと呼んでいます!

MacBook Pro必須のUSB Type-Cハブは7in1

現在使用しているMacBook Pro 15インチは、USB Type-AやSDカードを差し込める場所が無く、USB Type-Cのみが使える仕様になっています。

そのため、外付けのHHDやUSBメモリ、SDカードなどを使ってデータを移したい場合には別途USB Type-C用のハブを用意する必要があります。

私は1つで「USB Type-A(×2)」「USB Type-C(×2)」「HDMI」「SDカード」「Micro SDカード」と7つの端末をつなぐことができる「Wavlink USB Hub」のシルバーを購入しました。

USB Type-C 2つで端末と接続
側面にぴったりフィット・色が自然
専用ケース付きで持ち運びも安心

お気に入りポイントとしては、PC本体に2つのUSBコネクタで接続するためグラつきにくいこと、MacBook Proの側面にぴったりフィットすること、専用ケースつきで持ち運びが安心なことなどです。

MacBook Pro 15インチと同じ時期から使い始め、現在4ヶ月が経過しましたが、特にトラブルなどはありません。

外付けポータブルハードディスク

MacBook Proと一緒にバックアップ用のポータブルハードディスクも購入しました。

PCを買って間もないので考えたくはないですが、いつどんなトラブルでデータが消えてしまうかわからないので、お仕事に関係するデータはこちらにバックアップをとるようにしています。

容量は余裕を持って1TB、持ち運ぶことを考えてコンパクトかつコスパが良いものを選びました。

ウェブカメラカバー

こちらはPCのカメラ部分にペタッと貼って、スライドするだけでカメラを隠したりオープンにしたりできるカバー。

オンラインミーティングなどで「気づかないうちに映っていた…」なんていう失敗がなくなる、プライバシー保護用の便利グッズです。

まとめ

今回は、「私が愛用しているパソコンとその周辺アクセサリーのご紹介」をしました。

現在使用しているMacBook Pro 15インチは、スペックをあげることで仕事効率が上がり、無駄な待ち時間や再起動が減ったのでかなり満足しています。

私にとって安い買い物ではなかったですが、仕事効率が上がってストレスが減ったのは事実で、今後関わる案件が増えたり、デザインのクオリティが上がったりすれば元は取れると思うので、勉強に仕事にしっかり使っていきたいと思います。

ABOUT ME
fuyuna
理学療法士から独学でデザインを学んだデザイナー / 東京のデザイン会社勤務 / グラフィックとWebが中心 / 大人可愛いデザイン / 本とお出かけが好き