制作実績

【制作実績】クラフト紙と白インクで素材を活かした名刺デザイン:自分の名刺

こんにちは。
fuyuna(@fumm_ii)です。

今回は、デザイナーとしての自分の名刺を制作したので、デザインするときに考えたこと、こだわったポイントなどをご紹介します。

どんな名刺?どんな人間でありたい?

自分の名刺を作るにあたり主に考えたことは3つ。

「自分らしいって何だろう?」
「自分という人間をどう表現する?」

「どんなデザイナーでありたい?」

名刺は自分の顔・分身のようなもので、相手に「私はこういう人間です」と伝えるコミュニケーションツールです。

そこで思ったのが“クライアントの持つ素材や魅力を最大限に引き出せるデザイナー”でありたいということでした。

素材の質感をいかしたシンプルな名刺の完成

自分自身のコンセプトを“クライアントの持つ素材や魅力を最大限に引き出せるデザイナー”と決めたことで、名刺に使用する紙は素材感のある「クラフト紙」に決定。

さらに素材の質感や感触を楽しめるように色は控えて「白インク」だけ。

そして、花と植物をあしらったロゴを作り、親しみやすくあたたかみのあるデザインになりました。

手元に届いた名刺の写真

実際に完成した名刺がこちらです。

インクや紙の質感がよくて気に入りました。

おわりに

今回は、はじめて持つ自分の名刺のデザインやコンセプトをご紹介しました。

初対面のイメージを左右し、大切なコミュニケシーションツールである名刺をこれから大切に使い、一人前のデザイナーになれるよう頑張りたいと思います。

ABOUT ME
fuyuna
理学療法士から独学でデザインを学んだデザイナー / 東京のデザイン会社勤務 / グラフィックとWebが中心 / 大人可愛いデザイン / 本とお出かけが好き