3DCG

小さな部屋を3DCGモデリングしてみた|Blender

7月から気の向くままにBlenderを触っています。

チュートリアルを参考にしたり、オリジナルで何かを作ってみたり、Blenderと少しずつ仲良くなれてきている気がします。

モデリングをするようになってからは立体物の構造、ディテイルに対する興味も高まり、日々の生活やデザインにもいい影響があるように思います。

最近はお気に入りのインテリアショップ、IDEE(イデー)のAOソファを置いた小さなお部屋をモデリングしてみました。

Blenderでモデリングした小さな部屋(クールver.)

コンクリートの床と白い壁、大きな窓に囲まれたミニマルなお部屋です。ブルーのAOソファと観葉植物、線の細い照明がお気に入り。

こんなお部屋だったら早起きが楽しいだろうな、ゆっくりとブラックコーヒーを飲みながら読書したりするんだろうな、モノを必要以上に持ちたくないミニマリストが住んでいるんだろうな、などと妄想をふくらませながらモデリングしました。

おしゃれなインテリアの部屋を見るのが好きなので、作っていてとても楽しかったです。もっといろいろ作れるようになりたいし、インテリアについても学びたいとモチベーションが上がります。

Blenderでモデリングした小さな部屋(フレッシュver.)

レモンイエローのソファと水色の壁がかわいいお部屋もつくってみました。

配色違いですが、上のお部屋とはだいぶイメージが変わります。壁に色がついたことで、窓から差し込む光もわかりやすくなりました。なんとなく天井も高くなったような気がします。

こんなフレッシュで明るいお部屋で過ごせたら、毎日気分がいいだろうな、悩みごとも減ったりするんじゃないかな…なんてこちらも妄想をふくらませながら作りました。

Blenderでの制作はまだまだ壁にぶつかるポイントが多く、毎回時間を溶かしてしまいます。ただ上手くいかない時間も含めて楽しんでいるので、引き続きマイペースにやっていきたいです。

\ THANKS! /

ABOUT ME
fuyuna
都内のデザイン会社に勤務するデザイナー|ウェブデザイン・モーションデザイン・グラフィックデザイン|元理学療法士|デザイン・アート・インテリア・お出かけ好き
【改訂版】独学×デザインの本を発売
独学の流れとデザインの独学方法についての薄い本を作りました。
2021年2月27日より、改訂版の紙の本を発売しています。

本の販売ページはコチラ