デザイン

Photoshopで印刷物をデザインする時に失敗しないための3つのポイント

先日私が経験したことですが、Photoshopで印刷物を作ったとき、プリントした完成版を見て「なんか思ってたのと違う」ということがありました。(自業自得ですが締め切り前日の出来事だったので、かなりショックを受けました)

同じようなことが初心者のお仲間ならあるのではないでしょうか。
今回は、「Photoshopで印刷物を作る時に失敗しないための3つのポイント」について書きました。

Photoshopで印刷物を作る時に失敗しないための3つのポイント

  • 画像解像度は「300〜350dpi」
  • カラーモードは「CMYK」
  • フチなし印刷の場合は最低「3mm」塗り足しする
個人的には特にカラーモードの点が重要だと思います。
以下、それぞれについて書いていきます。

画像解像度は300〜350dpi

f:id:ne-ochi:20181025185349p:image
フルカラー印刷に適した画像解像度は300〜350dpiです。
72dpiでもモニター上ではキレイに見えますが、実際に印刷してみると画像が粗くなったり、ぼやけたりしてしまいます。印刷会社さんのWebサイトを見ていると、モノクロ印刷の場合は600dpi推奨とされていました。

カラーモードはCMYK

f:id:ne-ochi:20181025185353p:image
印刷物を作成するときはカラーモードを「CMKY」にしましょう。
カラーモードをRGBカラーにして印刷した場合、画面上と印刷物の色が異なります。色がくすんでしまったり、明るすぎて見えないといった現象が起こります。
途中からでも、「イメージ」→「モード」で確認・変更が可能です。
f:id:ne-ochi:20181025185404p:image

 「RGB」と「CMYK」の違いについて

f:id:ne-ochi:20181025185357p:image
RGBとCMYKカラーの違いは、ずばり「再現できる領域の違い」です。
「RGB」カラーは光の三原色とも呼ばれ、テレビやスマホのディスプレイなどに表示する色を再現する表現方法です。色を混ぜれば混ぜるほど明るく、白に近づいていきます。画面上の色はこのRGBカラーで表現されているため、多彩に色を表現することができます。
「CMYK」カラーは色の三原色とも呼ばれ、印刷インクで色を再現する際に利用される表現方法です。「CMY」の3色を均等に混ぜ合わせると無彩色、黒に近づいていきます。ただ実際に真っ黒にはならないため、黒インク(K)を用います。ちなみに「K」は「Key plate」の略で、黒のKではないようです。
その他、金色や銀色、蛍光色などについては「特色(DIC)」と呼ばれ、印刷の際には特別に調合したインクが必要になるそうです。

フチなし印刷の場合は最低3mm塗り足しする

f:id:ne-ochi:20181025185417p:image
 フチなし印刷をしたい場合は、背景を最低3mm大きく作成する「塗り足し」をします。左右上下3mmずつ大きくするので、画像自体のカンバスサイズは仕上がりよりも合計6mm大きくなります。
また文字切れにも注意が必要ですので、最低でも内側3mmよりは中心寄りに文字などの要素を配置しましょう。

最後に

いかがでしたでしょうか。
今回はPhotoshopで印刷物を作成するときのポイントについてまとめました。
以上の3つのポイントを守れば、「あれ?思ってた色と違う!」というアクシデントを回避することができるでしょう。この記事を読んで、先日の私のように残念な気持ちになる方が減ると幸いです。
ABOUT ME
fuyu_na
独学でデザインを学びフリーランスのデザイナーになった元理学療法士。グラフィック・Webデザインの仕事を中心とし、SEO・Webライティングの腕も磨いてます。とにかくデザインに夢中。