ポートフォリオ

Instagramをデザインのポートフォリオとして活用するメリットとコツ

instagram(ポートフォリオ)

こんにちは。
fuyuna(@fuyuna_design)です。

「デザインしたものを気軽に見てもらいたい」
「自分で作ったものをまとめたい」
「SNSを使って集客したい」

そんなあなたにオススメなのが、Instagramをデザインのポートフォリオとして活用する方法

転職活動や営業に使うポートフォリオというより、「誰でも見れる」「ビジュアルが一覧で見れる」というInstagramの特性をいかした、“知らない人にも気軽に見てもらえるポートフォリオ”になります。

今回は、Instagramでポートフォリオを作るメリットやキレイに見せるコツをご紹介していきます。

Instagramを使ったポートフォリオ

私はInstagramのアカウントをデザイナーとして2つ運用していて、上の画像は「制作物をなんでも投稿するアカウント」になっています。

仕事として制作したものから、ブログで使う画像、練習のために作ったものなど、全てではありませんが過去にデザインしたものを一覧で見れるようにしています。

制作物投稿アカウント:@fuyuna_works

Instagramでポートフォリオを作るメリット

Instagramをポートフォリオとして運用するメリットは以下。

  • ハッシュタグでの検索流入が見込める
  • 自分から売り込まなくても見てもらえる
  • 20〜30代のターゲットにリーチしやすい
  • 過去の制作物があとで確認しやすい
  • ビジュアルを見せるデザイナーと相性がいい
  • 世界観を作りやすい・伝えやすい
  • アナリティクスが活用できる

Instagramは「ハッシュタグ検索」が盛んなので、「タグをつけて投稿すれば待っているだけで人が見に来てくれる」という素晴らしいメリットがあります。

ビジュアル作りに強いデザイナーとは特に相性がよく、世界観を作って計画的に投稿していけば「ファン」の獲得も可能になります。

また、20〜30代の起業家さんも多いので、上手に使えば営業ツールとしてSNS集客も可能になります。実際にInstagramからのお仕事のご相談もあるので、活用する価値は十分にあります。

制作物を一覧でキレイに見せるコツ

画像のサイズやテイストが全て同じではないので、テンプレートをあらかじめIllustratorで作成し、毎回そこに画像を当てはめていくことで統一感が生まれてキレイに見えます。

ただし、「実際の使用場面がイメージしにくい」というデメリットも伴うので、Instagramでの集客を考えている方はさらに工夫が必要です。

fuyuna
fuyuna
あくまでこれは私の一例なので、どうすればより自分らしく、目的に合ったタイムラインを作れるか考えてみてください。

無いものは作る

テンプレートについて「何かアプリを使ってますか?あれば教えてください」というDMを度々いただくのですが、Illustratorというアプリケーション以外使ってません。

特にデザイン勉強中の方から聞かれることが多いですが、「無いものは作る」「まずは作ってみる」という考え方をした方が成長が早いと思います。

せっかく作れるスキルを磨いてるんだから、アプリに頼ろうとせず、少しでも自分の手を動かして作る練習をすることをオススメします。

テンプレートのデザインはマメに調整

最初に作ったテンプレートと現在のテンプレートでは、見た目が大きく異なっています。統一感も大事ですが「そのときのベスト」を見つけて変化させていくことの方が大切だと思うので、日々調整を重ねてます。

まとめ

Instagramをデザインのポートフォリオとして活用するメリットとコツについてご紹介しました。

画像が一覧で見れて世界観が作りやすく、ハッシュタグを活用すれば待っているだけで人が見に来てくれるポートフォリオになるので、興味がある方はぜひ試してみてください。

制作物投稿アカウント:@fuyuna_works
メインアカウント:@fuyuna_design

ABOUT ME
fuyuna
理学療法士から独学でデザイナーに転職 / 東京 / デザイン会社勤務 / グラフィックとWebが中心 / 大人可愛いデザイン / 本と人とお出かけ好き
独学×デザインの本を発売中!
「独学の流れ」と「デザインの独学方法」について
まとめた薄い本を作りました!現在販売中です!

本の販売ページはコチラ