イベントレポート

【美術展】だまし絵の天才「ミラクルエッシャー展」の感想レポート

こんにちは!
fuyuna(@fumm_ii)です。

今回は大阪あべのハルカス美術館で開催中の
ミラクル エッシャー展 に行ってきたので、
そのエッシャー展について書きたいと思います。

エッシャー展について

「ミラクル エッシャー展」は、
大阪のあべのハルカス美術館で開催中の展覧会です。
(2019年1月14日終了)

私が行ったのは3連休初日の1月12日。
午前中は入場待ちの時間が10分ほどでしたが、午後は60分待ちとなるほど大盛況だったようです。

またチケット購入されていない方はさらに10〜20分ほど追加で待たれてました。

▽公式Webサイト
ミラクル エッシャー展 公式Webサイト

エッシャーは「だまし絵」の天才

エッシャー(マウリッツ・コルネリス・エッシャー)は、オランダを代表する版画家で、だまし絵の分野で世界一の知名度を持つアーティストです。
現実では建築不可能な構造物や無限を有限の中に閉じ込めた作品、平面の中で次々と変化するパターンなど、非常に独創的な作品を創造しました。

教科書や映画『ナイトミュージアム/エジプト王の秘密』でもエッシャーの作品が使用されているので、見たことがある人も多いかもしれません。

お土産にだまし絵のポストカードを購入

美術館に行くとつい買ってしまうものが「ポストカード」です。
今回も例外ではなく、悩みに悩んで3枚購入してきました。

他にも面白そうなグッズやキャラクターとのコラボ商品などがあって、見ているだけでも楽しめました!ただお客さんが多すぎてゆっくり見れない…という残念感もありました。

エッシャー関連のクリエイター作品にも注目!

館内のミュージアムショップには、エッシャーに関係するクリエイターさんの作品が販売されています。商品を見て回っていると、かなり自分好みの作品コーナーに出会いました。

クリエイター坂口拓さん(@taku_sakaguchi)のポストカードを3枚購入。
フラットなイラストとはっきりした配色がかなり好みです!

美術館に伺う前、尊敬する方から「クリエイター仲間の坂口さんがいるかも…」と教えて頂いたので、ご本人に会えるかも!と思っていたのですが、そこは残念ながらお時間が合わずにお会いできませんでした。

自分好みで目をつけた作品たちが坂口さんのものだとは知らず、名札を見て驚きました。
またツイッターでコメントさせて頂くと丁寧にお返事をして頂き、なんと私と同じ三重県出身で驚きました。出身地が同じ方の活躍を見ると、自分も頑張ろうと思えます。

エッシャー展の感想

今回、念願だったエッシャー展に行き、今まで特に興味がなかった「版画」の魅力や、どこまでも研究熱心なエッシャーの姿勢に感動しました。

だまし絵を見ながら自分を絵の中で歩かせてみると、気づいたら階段を登らされていたり、階段を登ってないのに最上階に移動していたりと、エッシャーの創造した世界の中で楽しませてもらいました。

第二次世界大戦前後で大きく異なる作風にも驚きました。
ピカソやゴヤとはまた違った方法で、戦争に対する気持ちが表現されていました。

展望カフェではラテアートのコラボもあり!

美術館の1つ上のフロア、あべのハルカス17Fにある「チャオプレッソ」というカフェでは、カプチーノを頼むとエッシャー展とのコラボラテアートをしてもらえました!

大阪の素敵な景色が眺められる上に、電源も多く配置されているのでスマホを充電したり、パソコン作業をしたりと普段でも使い勝手が良さそうなお店でした。

最後に

今回、大阪あべのハルカス美術館で開催中の「ミラクル エッシャー展」について書かせて頂きました。普段芸術に興味がない方やお子さんもエッシャーの作品のすごさは伝わると思うので、ぜひまだ足を運んでいない方、連休最終日に大阪に行ける方にオススメしたいです。

ABOUT ME
fuyuna
理学療法士から独学でデザインを学んだデザイナー / 東京のデザイン会社勤務 / グラフィックとWebが中心 / 大人可愛いデザイン / 本とお出かけが好き