制作ツール

パソコンは壊れたけど、サポートと店舗での体験に感動した話。|Apple表参道

数ヶ月前からMacBookが不調で、先日クリーンインストールを試してみました。
はじめてMacBookのクリーンインストールをしてみた

クリーンインストール直後は「調子よくなったかも!」とよろこびましたが、上記ブログを投稿した翌日…やっぱりだめでした。あきらめてAppleさんのお世話になることに。

PCが壊れたのは残念でしたが、Appleのサポート体制、Apple表参道・Genius Barでの体験がとてもよかったので、そのときの様子を少し記録に残しておきます。

愛用のMacBook Proが壊れた

繰り返しになりますが、愛用していたMacBook Proがこわれてしまいました。医療職からデザイナーに転職してすぐに新調したPCだったので、思い入れもあり悲しい。

当時の症状は主に2つ。

  1. Bluetoothの接続不良
  2. バッテリーの残量不足(充電器なしではPCが使えない)

外部キーボードやマウスを認識してくれず、たまに接続できたと思えばマウスのカーソルが目標から滑っていく。0.1mm、1pxが気になるデザイナーにとっては致命的です。パスの操作がぜんぜんできなくなりました。

また、バッテリー残量が少ないですよ!交換してください!という内容の警告もでてきて、「これはAppleさんにまとめて見てもらったほうがいいな」となりました。

Apple公式サイトからサポートに問い合わせ

Appleに故障の相談をするため、まずは公式のサポートから問い合わせ。

🍎 support.apple.com/ja-jp

電話サポートの予約をすると、約1分後に担当者さんから電話がかかってきました。すごい。Appleさん本当にすごい。

多くのサービスのお問い合わせはユーザーから電話をかけることが多く、担当者と話せるまでの待ち時間も長かったりします。わざわざ問い合わせている時点でストレスなのに、さらにストレスがたまる…。そんなことが珍しくないので、電話での問い合わせは正直きらいでした。

でも、Appleのサポートでは利用者情報を把握した担当者さんから電話をかけてくれます。困っていることを伝えるまでの流れがスムーズですし、ムダな待ち時間にストレスを感じることもありません。

何回も言いますが、さすがApple、期待を裏切らないなあと思いました。

流れるようにGenius Barの予約が完了

電話で状況を伝えたところ、ハードの故障の可能性が高いとのこと。また、バッテリーも交換が必要とのことでした。

そのまま流れるようにGenius Barの予約へ。次の日にはApple 表参道内のGenius Barにお世話になることが決まりました。

ここまで丁寧かつスムーズなサポートを受けたのははじめてで、安心感も大きかったです。これからもAppleさんのお世話になろうと思いました。

Apple表参道のGenius Barでもオペレーションに感動

次の日、予約時間にApple表参道のGenius Barへうかがいました。

PCを配送して診断・修理してもらう方法もありましたが、Genius Barを体験してみたかったのと、新作のM1 MacBook Proが見たかったのとで、ストアに直接うかがうことにしました。

ストアの入り口で目的と名前を伝えると、検温、手指消毒をして速やかに中へ誘導されました。係の方から「階段を降りてください」と案内を受け、フロアの中心にある大きな階段をくだっていくと、「〇〇さまでしょうか?」と名字を呼ばれました。(びっくりしてちょっと笑っちゃいました)

入り口で案内してくれたスタッフさんのiPadに、洋服の種類、色を選ぶUIが見えていたので、利用者ひとりひとりの外見と名前をセットにしてスタッフ間で共有しているのかもしれません。

こちらから声をかけなくても、スタッフさんから声をかけてきてくれる。しかも、自分のことを知っているかのように名前を呼んでくれる。店内でうろうろ迷う余地もなく、超効率的なオペレーションにワクワクするばかりでした。

大きなテーブルに案内され、Macの診断と結果の説明、今後の流れ、見積りなどをていねいに話してもらいました。修理にかかる日数、連絡についての詳細もわかる範囲でしっかり伝えてもらったので、安心して修理をおまかせできました。

帰りにはM1チップ搭載の新型MacBook Proを見てきました。(好みは人それぞれですが、分厚さと重さが気になりすぎるので買い替えはないかな思いました。スペックはとてもよさそう)

PCは壊れたけど、いい体験ができてうれしかった。

残念ながらPCは壊れていて、無償でサポートが受けられる部分と有料の部分がありました。また、修理期間は手もとにPCがないので、自宅での作業はストップしてしまいました。

結果だけみるとネガティブなできごとでしたが、実際のサポートプロセスやストアでの体験が本当に素晴らしく、学びや得るものも多かったです。日々のこうした貴重な体験を大切にストックして、今後のアウトプットにつなげられればと思います。

Appleの製品は高いけど買ってしまう、その裏側には、こうしたサポートの充実や安心感もあるんだなあと実感するできごとでもありました。

ABOUT ME
fuyuna
都内のデザイン会社に勤務するデザイナー|ウェブデザイン・モーションデザイン・グラフィックデザイン|元理学療法士|デザイン・アート・インテリア・お出かけ好き
【改訂版】独学×デザインの本を発売
独学の流れとデザインの独学方法についての薄い本を作りました。
2021年2月27日より、改訂版の紙の本を発売しています。

本の販売ページはコチラ